カミギン・マンティゲ島 (Mantigue)

更新日

IMG_4905

カミギン島に来たら絶対に訪れてほしい場所がいくつかあります。その中でも上位でおすすめしたいのでマンティゲ島。地元の人の発音を聞いてるとマンティーグ島と読むみたいです。Mantigue Islandが正式な英語表記。

まずは場所から


大きな地図で見る

目指す波止場はBarangay San Roque (マヒノグ州のサンロケ地区)。バイクでマンバハオから40分くらいです。海岸線をひたすら時計回りに走れば着きます。目地印になるようなものがあまりないので、時々地元の人に自分の位置を聞いて確認しながら行きましょう。

「MANTIGUE」の標識が出てきたら、波止場が近いです。標識に従って進みましょう。

IMG_4893

波止場といっても、ほんとにただの波止場。フェリーターミナルとはまったく違います。海岸線の岩場に強引に作った感じですね。さて、ここで船をチャーターします。1台550ペソ。4時間貸し切りの料金でマンティゲの往復料金が含まれています。尚、船は6人乗り。6人乗りと書いてありますが、4人がいいところでしょうね。4人で割ったって一人150ペソくらい。300円で素敵な島に4時間も行けるんだから、気持ち的には若干申し訳ないくらいです。その他の費用としては環境保護税と入島税で併せて一人50ペソくらいかかります。100円くらいです。

IMG_4894

↓ボートが停泊している波止場↓

IMG_4895

シュノーケリングをする人は必ず波止場の脇にあるレンタルショップで借りていきましょう。ライフジャケット付きのフルセットで250ペソくらいです。

IMG_4896

いざ出発

IMG_4898

マンティゲ島へはボートで20分で着きます。

IMG_4901

マンティゲ島へ向かう際に撮影したショートクリップ

マンティゲ島へ到着。とっても綺麗な海です。

IMG_4905

絵になるボートとビーチのコントラスト

IMG_4906

船をドッキングして上陸

IMG_4907

しょぼいバンカーボートだと思ってましたが、こうやってみると絵になるなぁー

IMG_4911

島の様子

IMG_4912

 

海岸線はすべてホワイトサンドビーチ。島内の中心はうっそうとした森といった感じ

IMG_4913

船とビーチのコントラスト。やっぱりこの組み合わせは一番綺麗ですね。

IMG_4914

「マンティゲ島自然公園へようこそ」 即席で書いたのかな。

IMG_4915

島の周りは直射日光が当たっててとっても暑いですが、中は若干涼しいです。といっても30度近くはありますが・・・

IMG_4916

ダイバーの方々が休憩してました。

IMG_4917

島に入るにはレジストレーションが必要。名前、国籍、年齢、人数を記帳。

IMG_4918

地図で位置を確認しましょう。周囲わずか4ヘクタアールなので迷うことはありません。

IMG_4919

IMG_4920

IMG_4921

マンティゲ島は島の中央が森になってます。10分ぐらいの散歩を楽しめますよ。

IMG_4922

IMG_4923

IMG_4924

島の真ん中を縦断して反対側のビーチに出ます。たまに蛇が出るみたいなので、気をつけましょう。僕の時は出ませんでしたが。

IMG_4925

島の反対側もとっても綺麗な砂浜と蒼いビーチ

IMG_4926IMG_4927IMG_4929IMG_4930IMG_4931IMG_4932

結構暑いので4時間も滞在できず、早々に帰路につきました。

IMG_4933

帰りの燃料を投入

IMG_4934

名残惜しくもカミギン島の本土へ。また来たいですね。

IMG_4935

IMG_4936

マンティゲ島とーっても綺麗ですので、この記事を見た方、是非是非足を運んでみてください。感想とかコメントもらえると嬉しいです。

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

カミギン島の観光スポット」の関連記事