ドゥマゲッティへの行き方

dgt summary

ドゥマゲッティへの行き方は主に3通りあります。マニラまたはセブから飛行機で向かう方法、セブからフェリーで向かう方法、そしてセブからバスで向かう方法があります。ここでは代表的な飛行機で行く方法をまとめておきます。

◆ドゥマゲッティへの就航路線

路線①:マニラからドゥマゲッティへ向かう場合

セブパシフィックエアーが1日2便〜3便、またフィリピン航空が1日2便運行しています。

セブパシフィック航空マニラ⇄ドゥマゲッティ便のフライトスケジュール

エアフィリピンのマニラ⇄ドゥマゲッティ便のフライトスケジュール(Domestic)

いずれも片道900ペソ〜2000ペソ

路線②:セブからドゥマゲッティへ向かう場合

セブパシフィック航空が1日1便運行しています。

セブパシフィック航空セブ⇄ドゥマゲッティ便のフライトスケジュール

片道700ペソ〜1500ペソ

cebupacific dgt

ドゥマゲッティ空港 搭乗ゲートから搭乗までの様子

◆セブからドゥマゲッティへのフェリー

セブ港よりオーシャンジェットとコカリオンシッピングライン社が毎日高速船を出している。所要時間は4時間〜4時間半。800ペソ〜

dgt

◆セブまたはバコロドからバスでドゥマゲッティへ向かう

セブのサウスバスターミナルからドゥマゲッティへ向かう方法があります。いくつかルートがありますが、セブ島の最南端のバトという港町へ行き(3時間30分)、バスのままカーフェリーにのってドゥマゲッティの隣町シブランへ着きます(40分)、そこから同じバスでドゥマゲッティのダウンタウンまで向かいます(20分)。片道250ペソ〜350ペソ。

またバコロドのセレスバスターミナルからセレスライナーバスがマビナイ市経由(乗り換え不要)でドゥマゲッティまで30分ごとに運行しています。早朝3時台から夜7時最終便まで終日の運行で所要時間は5時間〜6時間。料金は片道200ペソ弱です。エアコン無し、エアコン有り、デラックスなど種類がいくつかあるので、乗る前に確認してから乗車する必要があります。

CeresLiner-Dumaguete

◆セブからタクシーで向かうのはやめましょう

セブの白タクシーも場合によってはドゥマゲッティまで連れて行ってくれます。ですが、この方法はまずお勧めしません。フィリピンのタクシーはお客さんを拾って目的地に達したあと、帰りに別のお客さんを拾える前提で運行しており、帰りにドゥマゲッティからセブへタクシーで向かう客が見込めない以上、最低でも片道で4000ペソは請求されると思います(カーフェリー代金は別途追加)。またメーターは使わず交渉制となるため、降車時に最初の値段と違うとトラブルになる可能性が高いです。これだけの値段を出すのであれば、飛行機(セブパシフィック)で向かった方が断然安いです。よっぽどの理由がない限り、セブ〜ドゥマゲッティ間のタクシー利用は控えましょう。

notaxi

●ドゥマゲッティ空港から市内へのアクセス●

ドゥマゲッティ・シブラン空港は小さな空港で、タクシーやバスはありません。最も一般的な移動手段は空港で待機しているトライシクルを利用するか、シャトルバンを利用するものです。個人旅行や4名以内の少人数の旅行の場合はトライシクルがおすすめです。ドゥマゲッティのトライシクルはセブのトライシクルよりも大きく一度に運べる人数が4人(ドライバーの後ろに一人すわる場合は5名)ですので、トライシクルを効率的に使う方がおすすめです。シャトルバンはフィリピン各地の空港にある乗り合い型エアポートシャトルではないので5人以上の団体旅行の際に使いましょう。またシャトルバンの場合はそのままドゥマゲッティの観光スポット(バレンシア、カサロロの滝、ダーウィン)にもいくことができます。値段は交渉となりますが、半日の観光で一台1500ペソ〜と良心的です。セブで頼む場合は2500ペソは下らないので非常にたすかります。ドゥマゲッティで公共の交通手段を利用する場合、マニラやセブの事情とは全く異なり、ドライバーから不平等に対応されることはほとんどありません。「外国人価格」がなく地元の人も外国人もフェアに対応してもらえるので「言い値」が適正価格になっているので、最初の交渉が難航することはまずありません。

・トライシクル利用の場合

ドゥマゲッティ空港から市内中心地まで100ペソ〜150ペソ (15分〜20分)

・シャトルバン利用の場合

ドゥマゲッティ空港から市内中心地まで500ペソ〜600ペソ (15分ほど)

また他の移動手段としてジプニーもあります。空港のアライバルロビーを出て、空港の出口にある大通りまで徒歩7分ほどで行けますので、そこから流しのジプニーを捕まえれば20ペソほどで市内中心地へ向かう事ができます。ただし、マニラやセブほどジプニーは走っていません。圧倒的にトライシクルの数が多いので、徹底的にコストをカットしたい場合を除き、トライシクルかシャトルバスを利用するほうがよいです。

空港に待機しているトライシクル
IMG_9732

ドゥマゲッティ空港 周辺案内

ドゥマゲッティ空港から市内へ向かう様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です