フィリピン 銀行口座開設

更新日

BPI.jpg
『セブでダイビング・アイランドホッピングを予定されてる方に朗報です!』
私がセブで家族のように接しているフィリピン人がダイビングショップを経営してます。
日本からのお客さんに少しでも安くマリンアクティビティを楽しんでもらいたいけど
どうやって宣伝したらいいか・・・と困っていたので勝手にこのブログで紹介しちゃいます!
2ボートダイブが器材込で2500ペソ(約5000円)
アイランドホッピングはお一人1800ペソ(約3600円)から。

※他の旅行者と共載は無し!お友達同士、恋人同士のプライベートボートです!
※いずれも最低催行人数は2名様からです。
⇒詳しくは こちら

マニラ経由でセブ島へ行く格安航空券の手配方法
⇒ http://vagabond0321.seesaa.net/archives/20100426-1.html
韓国・香港経由で行くセブ島への格安航空券の手配方法
⇒ http://vagabond0321.seesaa.net/article/149793112.html
フィリピンで銀行口座を開設する方法
⇒ http://vagabond0321.seesaa.net/article/192804631.html
マニラ・セブ島の安く評判の良いホテルはこちらから口コミ検索
⇒次に、ホテルズコンバインドでそのホテルの最安値を検索できます。
【4月以降発のセブ・マニラへの航空券で激安TOP3の旅行会社】
☆テルミクラブ



☆阪急交通社



☆イーツアー



フィリピンで銀行口座開設に関して、参考情報共有させていただきます。
僕にとって現地の銀行口座をもつメリットは大まかにわけて二つありました。
①現地通貨を円高の時に両替して保管できる。
②必要以上の現金を持ち歩かずに済む。
毎回旅行するたびに、両替して旅行中の資金を財布にしまっておくのはちょっとリスキー。
口座があれば一気に解消するなと思ってました。また後述のBPIであればATM数も国内最大なので
いうことなし!と思ってました・・・が
日本や現地で情報を集めたところ、「永住権やクオータビザ保持者を除いて外国人旅行者はできない」
「USドル建てなら受け付ける」
「日本支店でいったん開設し、後で現地の支店に口座を移管するのではれば可能」・・・
等々、厳しい状況だったのでなかば諦めていました。
ところが、実際セブで銀行を回ったところ、結論から申し上げて
ペソ建てで銀行口座開設できることがわかりました。
そして希望通りBPIで銀行口座開設、わずか4営業日後にはATMカードも頂けました。
この情報はあくまで私の個人体験ですので、すべての方に当てはまるか不明ですが
現地口座を開設したい方に参考情報として、私の体験を共有させていただければと思います。

早速ですが、銀行口座開設に必要な手続きです。
尚、今回ご紹介する3行はフィリピンでもっとも資金力があり利便性の高い銀行です。
bdo.gif
銀行名:Banco De Oro
ATM数:国内トップ3
【必要書類】
①パスポート
②ACR(Alien Certificate of Registration 写真付き外国人登録証)
③1×1および2×2の写真を1枚
【口座維持手数料】
通帳&ATMの普通預金口座  :200ペソ/月(但し、残高が5000ペソ以上の場合は無料)
ATMカードのみの普通預金口座:200ペソ/月(但し、残高が2000ペソ以上の場合は無料

PNB.jpg
銀行名:Philippine National Bank
ATM数:国内トップ3
【必要書類】
①パスポート
②ACR(Alien Certificate of Registration 写真付き外国人登録証)
③1×1写真 1枚
【口座維持手数料】
通帳&ATMの普通預金口座  :300ペソ/月(但し、残高が10,000ペソ以上の場合は無料)
ATMカードのみの普通預金口座:300ペソ/月(但し、残高が5000ペソ以上の場合は無料)

BPI.jpg
銀行名:Bank of Philippine Islands
ATM数:No.1
【必要書類】
①パスポート
②ACR(Alien Certificate of Registration 写真付き外国人登録証)または日本の銀行発行の英文残高証明
③1×1および2×2の写真を1枚
【口座維持手数料】
通帳&ATMの普通預金口座  :200ペソ/月(但し、残高が5000ペソ以上の場合は無料)
ATMカードのみの普通預金口座:200ペソ/月(但し、残高が2500ペソ以上の場合は無料)

<口座開設の流れ>
簡単なフローは以下の通り
①まず銀行を訪れ、Personal Bankingのスタッフと面会します。(日本の銀行の受け付け。女性が多い)
②外国人であると上記の必要書類を要求されます。
↓持ってない
③ACRなしでは開設できないと言われる。
④支店長(マネージャー)と直接話したい。
⑤マネージャさんにACRなしで口座開設する方法を相談する
ACRカードはフィリピンに59日以上連続滞在した人のみ申請できる
カードで、通常の旅行者は事実上取得できません。
ACRがないと分かった時点で、女性スタッフは杓子定規に開設を断りますが
マネージャーさんと直接話したいと伝えます。
マネージャーさんに相談すると、「なぜフィリピンで口座が必要なのか?」と必ず聞かれます。
ここでの回答が重要になります。時々遊びに来た時にこっちで預金を引き出したいと伝えると
難色を示します。観光客が旅行時に作り幽霊口座として放置されているものが多いからだそうです。
私はパスポートを見せ、年間4回くらいセブに行くことを伝えたところ了解してくれました。
ただ、一度の滞在で59日を超えないためACRがない旨を伝えたところ、ACR要求を免除してくれました。
その代わりに、日本の銀行から英文の残高証明書を発行してもらい、
次回フィリピンに来る時に提出するようにとのこと。
残高証明書 発行手数料:三井住友銀行 840円、三菱東京UFJ銀行 735円
残高証明は後追いでいいとのことなので、その場で口座開設をすすめてくれました。
ATMカードも4営業日後にその支店を訪れた際に渡していただき、とてもスムーズ。
BPIはATM数が国内銀行の中ではNo.1。フィリピンの他都市や主要空港にはATMがあるので
便利。おすすめです。
航空券と一緒にホテルも手配。セブ島の全てのホテルを最安値予約

ブログランキング上位表示にチャレンジ中♪
↓ぽちッお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ人気ブログランキングへ



ツイッターでもセブへのお得情報、現地でのタイムリーな出来事を音速で流していきます!
↓↓↓

http://twitter.com/vagabond0321


【ホテル】
セブ島へ行く場合は、トリップアドバイザーでホテルを探し
その後、エクスペディアというサイトで予約するといいホテルに
安く泊まれます。
手配方法は非常に簡単です。トリップアドバイザーの検索ボックスに行きたい
旅行先を入力。日本語でも英語でもOK。ホテルをクリックし
ホテルランク(☆の数)を指定、値段を「安い順」に並べ替えて
上位にでてくるホテル名をコピーします。
その後、エクスペディアというホテル予約サイトにホテル名を
ペーストして検索し、予約します。エクスペディア
「同じホテルの同じ部屋タイプで他のサイトの方が安かった場合、
その差額+1000円をお返しする」
という強気なサービスを提供してます。
要は絶対最安値で泊まれることを保証してるわけですね。
この手配方法はすごく使えますよ♪
トリップアドバイザーはこちらから♪
エクスペディアはこちらから♪
使える!っておもって頂けたらクリックお願いします♪




<p><script language=

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

フィリピン 銀行口座開設」の関連記事