名古屋〜関空の高速バス

更新日

WILLER-EXPRESS_PKG-RU1ESAA_By_NanbuBus_No.579

フィリピンに行く上で、東京や大阪からはLCCが就航していますが、名古屋空港(セントレア)からはLCCが一本も就航していません。なので東海地方(愛知・岐阜・静岡・三重)に住んでいる人にとっては不便ですね。

渡航費用を抑えるにはどうしてもLCCを使いたいので、私のように東海地方在住の方は関空利用がおすすめです。

名古屋から大阪までは新幹線と在来線を乗り継ぐと片道8,360円(所要時間1時間50分)かかります。

IMG_5853

一方で高速バスを利用して難波まで行き、南海電鉄で空港まで行けば片道2890円〜(所要時間4時間10分程)です。

時間のかかるバスを敬遠する方もいますが、ウィラーエクスプレスのバスであればとっても快適。一席にひとつのプライベートモニターがあるので、映画やテレビをみることができます。また、ソフトバンクのWi-Fiスポットが車載されているので、ネットを楽しみながら移動することもできますね。それと、スマートフォンのテザリング機能を試してみましたが、高速移動中にもかかわらずまったく問題なくネットが使えます。(ソフトバンクiPhone5のテザリングでこの記事を書いています)

IMG_4767

ウィラーエクスプレスは名古屋〜大阪間を一日3便運行しており、セブパシフィック航空利用者にとって最も適したスケジュールは

12時00分(正午)名古屋発
15時20分(午後)難波着

こちらの便であれば、難波到着後、南海電鉄に乗り換えて関空に向かうと17時頃には空港に到着します。セブパシフィック航空は20時40分関空発なので、十分余裕ありますね。なので難波の商店街などでお土産を買ったり、食事をしてから空港に向かうのがおすすめです。ご参考までに、朝7時30分名古屋出発の便もありますがこの便だと午前中には大阪に着くのでセブパシフィック利用者にとっては時間を持て余してしまいます。またこの早朝便の場合、到着は難波ではなく梅田です。南海電鉄を利用できないので、移動費が若干高くつきます。

一方でジェットスター航空利用の場合は、フライトが17時05分関空発なので、7時30分名古屋発のバスでないと間に合いません。使う航空会社によってバスの時間調整がちょっと面倒ですが、東海地方在住で頻繁にフィリピンへ行く方にとってはウィラーエクスプレス便利だと思います。是非活用してみてください。

ウィラーエクスプレスは楽天トラベル(高速バス予約)から予約・決済できます。

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

フィリピン・セブ 旅行情報」の関連記事