地球の歩き方とロンリープラネット(LONELY PLANET)

更新日

image_1.jpegimage.jpeg
フィリピンのセブに通うこと早5年がたちました。
毎年のように「地球の歩き方 セブ・ボラカイ」を買ってましたが
ガイドブックを変えよう!ということで、最新号からは
買わなくなりました。


もちろん今でも地球の歩き方ファンですし
セブに行くのが初めて~4回目くらいの人にとっては
一番のバイブルですね。
【送料無料】地球の歩き方リゾート(R 15 2012-2013) [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]
ただ、毎年毎年内容がほぼ変わらない。
セブの気候については、1-5月が乾季で、それ以外は雨季!
セブの治安については、欧米に比べると犯罪が少ない!
通貨はペソで、1ペソ=2円くらい!
と書かれた情報を毎年買うのは、なんだかなーと
思ってました。
先日、ネグロス島のドゥマゲッティという街に行き
地元の人に「なんかおすすめスポットない?」ときいたところ
ダーウィン(Dauin)という場所を紹介されました。
バイクで40分くらいということで、街でレンタルして
いってみました。そこには格安のリゾートが溢れていて
何故かドイツ人とアメリカ人が大量に集結していました。
みんなワイワイ楽しそうにしてるので、
「なんでここに来たの?どうやってここを知ったの?」と
聞いてみたところ、
「ロンリープラネットでおススメされた」とのこと。
ロンリープラネットexclamation&question
なんだか聞きなれない名前。直訳すると「寂しい惑星!?」
ぽかーんとする私に、あるアメリカ人が見せてくれたのがこれ
image.jpeg
フィリピンのガイドブック。
それも欧米版の地球の歩き方といっていいくらい
みんなもってる。
【送料無料】Lonely Planet Philippines [ Greg Bloom ]
ぱらぱらめくってみると、
地球の歩き方に網羅されてない
地方都市の情報や、ホテル情報が満載。

これだ!ということで、帰国後早速購入。
フィリピンに5回以上通ってる人で、地球の歩き方の情報では
もはや満足できない人にはうってつけだと思います。
外国人はどうやって旅の情報を収集してるんだろうと思ってましたが
どうやら、ロンリープラネットで情報みつけてたようです。
実際に私が行ったリキッド・ドゥマゲッティというバジェット派リゾートは
地球の歩き方には掲載されてないけど、ロンリープラネットにはばっちり乗ってました。
ガイドブック一つで、旅行者の行動範囲が変わるということを
改めて痛感しましたね。
フィリピン初めて!という人には地球の歩き方
フィリピン5回以上行く人にはロンリープラネットがおススメです。
皆さんの旅のご参考に。

【送料無料】Lonely Planet Philippines [ Greg Bloom ]

【送料無料】Lonely Planet Philippines [ Greg Bloom ]
価格:2,930円(税込、送料別)

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

フィリピン おすすめガイド本」の関連記事