関西国際空港 大韓航空ラウンジ(KALラウンジ)

更新日

IMG_5378

関西・東海地区にお住まいの方でフィリピンへ旅行される方は関西空港を利用される方も多いと思います。関空からはジェットスターやセブパシフィックなどのLCCがマニラまで直行便を就航しているのがその理由です。私もLCCを頻繁に利用するので関空のフリークエントユーザーです。そして、空港での滞在をより快適にするために出発前にはラウンジをよく利用しています。

関空にはいくつかラウンジがあります。カード会社の優待特典で使える比叡ラウンジや金剛ラウンジ、航空会社ラウンジ・ビジネスラウンジ併用の大韓航空ラウンジ(通称KALラウンジ)などなど。

最近巷でよく言われるのは、カード会社ラウンジは以前に比べ敷居が低くなったということ。ゴールドカードの付帯特典としての代名詞であった空港内のカードラウンジですが、現在はヤングゴールド(若者でも入れるゴールドクレジットカード)でもカードラウンジに入れます。そして、これらのラウンジはハイステータスカードと呼ばれるアメリカンエキスプレスやダイナースでも入れるラウンジです。正直ラウンジ利用だけを考えればこれらのステータスカードをもつ意味がなくなってきたと嘆くユーザーも多いのが昨今の現実です。

「ラウンジ」とひとくくりにしても実際のところは2種類存在します。それは先のカードラウンジとビジネスラウンジ(エアラインラウンジ)。関空にあるKALラウンジは大韓航空のエアラインラウンジ(ビジネスラウンジ)で通常のゴールドカードでは入れません。

IMG_5372

空港3Fの比叡ラウンジのすぐ隣にあるKALラウンジは入り口からして少し高級感を漂わせています。

IMG_5373

入り口入ってすぐの受付

IMG_5374

しっとり落ち着いた雰囲気

IMG_5377

IMG_5378

IMG_5371

フードやドリンクはカードラウンジとは比べ物にならないほど充実

IMG_5368

IMG_5367

IMG_5366

IMG_5369

IMG_5365

お酒も飲み放題なので、出発までゆっくり過ごせますね。

IMG_5379

IMG_5380

他のカードラウンジと違って、あまりお客さんがいないため落ち着いた空間になってます。

ビジネスラウンジに入るには2通りの方法があります。一番メジャーなのは、ビジネスクラス以上の航空券を購入する。でもこれだと高くて現実的ではありません。

一番手軽にビジネスラウンジを使う方法はプライオリティパスを使って入る方法です。

IMG_5375

プライオリティパスとは世界600以上のラウンジを有する会員制のメンバーシップクラブ。この会員になると会員ランクによって年間利用回数の範囲内でラウンジが使用できます。海外旅行、出張が多い方は無制限に利用できるプレステージ会員(年間399ドル)がおすすめです。

ただ、プライオリティパスは年会費が高い。ですが、この年会費を大幅に安くする方法があります。それがプライオリティパスが無料発行されるクレジットカードを作ること。

ゴールドカード以上のクレジットカードの中でプライオリティパスのプレステージ会員資格が無料付保されているカードは約10社です。ゴールドカードは年会費が高いイメージがありますが、プライオリティパスが無料でついてくるクレジットカードの中で最も年会費が安いのは楽天プレミアムカードです。

このカードは年会費が10500円。カードに年会費1万円以上??と思ってしまいがちですが、プライオリティパスはもちろん、5000万円まで補償の海外旅行保険が自動付帯しています。そして楽天プレミアムカードはフィリピンのジャパニーズヘルプデスクがある病院であればキャッシュレス診療が可能です。また日本出国時、または帰国時に年間2回まで、スーツケースなどの重い荷物を空港から自宅、または自宅から空港へ運んでくれるサービスが無料付保。年会費10,500円でプライオリティパスの399ドル(4万円)とキャッシュレス対応の海外旅行保険がいつでも自動適用、そして行き帰りのスーツケース宅配がつくのだから、非常にコストパフォーマンスが高いです。今後の海外旅行がスマートになる一枚なので、試しに一年間使ってみても良いかもしれませんね。

ちなみに10500円の年会費に対して、今なら入会キャンペーンで楽天市場で使えるポイントが5000ポイント以上戻ってきますので、実質1万円未満で一年間カードを使ってみる事が可能です。是非試してみてください。

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

空港ラウンジ(関西)」の関連記事