BPIのネットバンキング

更新日

BPI.jpg
BPIはオンラインバンキングにおいても
非常に優れています。


残高照会、入出金のチェックはもちろん
振込もリアルタイムで行うことができて便利です。
<オンラインバンキングの開設方法>
まず口座を開く際に、「オンラインバンキング希望」
と伝えます。(こっちから言わないと特に案内はありません)
すると「BPI EXPRESS ONLINE APPLICATION FORM」
という申請書を渡されるので、その場で必要事項を記入。
なんにも難しいことは聞かれないですし書くこともないので
とってもスムーズです。
ログインにはIDとパスワードが必要なのですが
IDは自分で設定、パスワードは初期状態では
銀行が用意した暗号のようなパスワードを
入力します。
ちなみに、初期パスワードはオンラインバンキング申請後
3営業日後くらいに申し込みをした支店に届きます。
それを受け取ったらすぐにその場でログインさせてくれます。
ログイン後はパスワードを自分好みに再設定できますので
まず最初に必ずやりましょう。
<複数の口座も一括管理>
BPIのオンラインバンキングでは、複数の口座を持っている場合でも
ひとつのIDですべての口座を管理できます。
例えば私の場合は、
Regular Savingというお金の出し入れを頻繁に行う普通口座と
Maxi Saverというほとんどノータッチの
定期預金口座を持っていますが
ひとつのIDとパスワードで一元管理しています。
なので、BPIで数種類の口座を持ちたい方も
すべての口座をひとつのIDでまとめることが
できるので、便利です。
そして日本にいながらでも逐一確認ができるので
とっても助かります。
<BPIオンバンキングでの振込方法>
BPIのオンラインバンキングでは24時間365日
ネット上から他の口座への振込指示を行う事ができます。
とっても便利な一方で不便な一面もあるので
事前にしっかり理解しておく必要があります。
①振込先は事前登録制
日本はどこのだれにでも自由に振込が行えますが
フィリピンの銀行の場合、振込先の情報を
窓口で事前登録しておく必要があります。
例えばAさんに対して振込を行う場合、
Aさんの名前と口座番号を
事前に最寄りの支店で登録する必要があります。
これがちょっと面倒なところです。
ただ、一度登録するとあとは自由に
ネット上からいつでも振込指示ができるので
楽チンです。
「BPI EXPRESS ONLINE」にログイン後
メニュータブの
「FUND TRANSFER(振込)」をクリック
「Transfer Funds Today」(本日振込を行う)をクリック
どの口座から振込を行うかを確認されるので
対象の口座をクリック。
すると、金額と誰宛かを選択する画面になります。
この宛先はプルダウンメニューになっており
ここに、事前登録しておいた相手の口座情報が
一覧表示されています。該当する口座番号をクリックして
「Transfer」をクリックすれば振込完了です。
②ネットバンキングでの振込先はBPI口座に限る
BPIのネットバンキングのちょっと不便な一面です。
実はBPIの口座から、BDOやPNB等の他行の口座へ
振込することは現状できません。
ネットバンキングで振込するのであれば
相手先はBPIの口座を持っている必要があります。
気をつけましょう。
以上、BPIのネットバンキングの概要と
注意事項のシェアでした。
変更などがあれば、またアップしていきます。
【PR】フィリピンの全てのホテルを価格比較

関連記事一覧

<広告>フィリピン行きが圧倒的に安い!イーツアーで航空券予約

フィリピン 銀行口座開設」の関連記事